勉強、受験勉強(医学部再受験)、医学生の勉強、ちょっと特殊な再受験医学生の生活について書いています。

こんぶんこ

カテゴリー

レスポンシブ

英語

【受験】英作文対策(添削)に使って一番正解だったのはidiy【英作文】

更新日:

こんばんは。まったく記事を書く時間が取れず、細々とやっておりますが、テスト前になるとストレス解消?のためか書きたくなるというこの感じは、テスト前に掃除をしたくなる人と同じなのでしょうか。

前に直接やり取りした人に英作文の話をしていたので、自分がやっていて一番よかった英作文の対策を書いてみることにしました。

英作文重視、英語の採点が厳しい大学の方には非常に役に立つのでは・・と自負しております。というか、昨今はこういうのはもしかしたら当たり前なのかもしれませんね。

まず前提として

英語はそれなりにできるという人のほうがいいかなーと思う方法です。

単語も微妙、全然できないよー状態でこの方法を試すとますます混迷していくので、そういう方はまずはいわゆる受験英語の基礎を固めた方がよいかと思います。(最低限の単語、最低限の文章読解能力など)

ほかにも色々とサービスはあると思いますが、

私が受験当時利用していたサービスは、

「IDIY」(アイディー)というサービスです。

自分で課題を提示して、英作して、それを講師にみてもらってチェックしてもらうという方法です。

IDIY(アイディー)をつかった英作文対策で何がよかったか

英作文は人に見てもらって添削してもらうことが重要だと思うのですが、簡単に見てもらえる人がいないのが現状。

あ、大学生のバイト家庭教師なんかに聞いてもぜんっぜんダメですよ!全然わかってないし、そもそも何が間違いで何があってるかわかってないので。帰国子女とか(しかも長期間行ってたような人)なら別ですが・・。

idiyは海外に住んでいる講師が英語の添削をしてくれます。外国人教師も選べるし、日本人教師も選べます。ただ、大学受験の英作文はもとになる日本語があるので、それを提示して理解してもらわなければならないので、必然的に日本人講師を選ぶことになります。

ただ、個人的に最近思うのは、大学がトップグローバル校など、国の定めたグローバル教育の枠組みに入っている大学だと、今、かなり教養課程での英語教育に力を入れています。ですので、英作文にもこの姿勢は色濃く反映されてくるような気がしています。

ネイティブチェックも受けることができるので、気になる人は一度ネイティブチェックされたらどんな風になるんだろう・・ということを試されてもよいのかもしれません。

私は、○○大学の○年の入試問題です、と書いて、提示していました。内容に対してチェックをしてくれて解説もしてくれるコースがあるのでそれにしていました。

また、英作文は書いてすぐとか次の日に添削が返ってくると、自分の頭の中で、理解がすごく進みますよね。書いてから1週間くらいたって帰ってきても、自分はなぜこの単語を使ったのか・・とか忘れてますので・・。英文を夕方くらいにオンラインで出して、次の日の朝に勉強しようと思ってPC開けたら帰ってきていたら、「おお!もう来てる!」という感じになり、復習もやる気が出ます。これは圧倒的なオンライン添削の有利な点だと思います。

さらに、なかなかしっかりと自分の書いた英文をじっくり見て校正をかけてくれるサービスというのは、一般的な受験業界ではないと思います。予備校の先生だって、ネイティブばりにできるわけではない方も多数おられると思いますので。

そういう意味でもidiyはとてもよかったです。昼か夕方くらいに送ると、おそらく時差の関係で、次の日の朝に赤ペンの入った添削が返ってきます!

私は、これを志望大学の問題と、あと英作文がむつかしいと有名な大学の問題を書いて送っていました。

そして、添削されたものは、できる限り覚えるようにしていました。

印刷してファイルに閉じれるような形で返してくれる(これも非常によいポイント)ので、返却されたものはファイルに閉じていました。復習したのちにこれが役に立つのは、そう、センターが終わった後からです!

センター試験後にこれを一気に見直してまた覚えなおしていきました。

ちなみにこの記事でする話ではないのですが、センター試験対策に入る前(11月くらい)までに何をしておくべきかというと、センターが終わった後に、ちゃっちゃか見直せるものをしっかりと残しておくということが非常に大切です。もはやセンター後に新しいことは普通はしないので、復習アイテムをしっかり揃えておくことが非常に受験戦略としては重要です。

デメリットとしては

idiyのデメリットとしては、やはり若干の値段の高さでしょうか・・。

なので、あまり英作文が重視されていない大学であれば普通の対策で十分かと思います。

ただ、英語がそれなりに差のつく大学なのであれば、英語で点数を稼ぐ人には英作文は取りに行かねばならないところになります。

結果的に、私は英語はそれなりの好成績だったと思います。

英語の日記の添削などの軽いコースもあるので、もし気になれば一度見てみてください!

レスポンシブ

関連コンテンツ

-英語

Copyright© こんぶんこ , 2018 AllRights Reserved.