勉強、受験勉強(医学部再受験)、医学生の勉強、ちょっと特殊な再受験医学生の生活について書いています。

こんぶんこ

カテゴリー

レスポンシブ

便利知識

おすすめはマーケットプレイス。大量の参考書や問題集は試験が終わったらすぐに売れ!

更新日:

受験生の皆様や、資格試験勉強されてる方の頭に必ずよぎることがあります。

横目で見ながら積みあがる問題集たち・・。たまにはかなりきれいなものも・・。

この大量の問題集や参考書どうしよう…という問題。

私も悩みましたが、自身の失敗点を踏まえて、オススメの方法を紹介しようと思います。

普通に売ってる問題集や参考書は売ろう

amazon マーケットプレイス

まず、個人的に一番売るのに使いやすいのはAmazonマーケットプレイスです。

マーケットプレイス用のIDを登録して、銀行口座の設定などをしたら、

ISBN(本の個別番号)と、本の状態と価格設定だけ入力すればよし。

買われたら、送ればよし。

非常に簡単です。

本の写真を撮らなくてもいいのが非常に楽なポイントです。

書き込みがある場合はその旨をかいて、本の状態設定をすべし。

意外と可で書き込みしてても売れますよ。私、ほとんど捌けているので…。

愛着があった問題集など、ドナドナ気分ですが。

 

ヤフオク

次に、アマゾンじゃ売りにくい系の、資格試験の問題集や、紙媒体のものは、ヤフーオークションで売ります。

あと、古い年度の赤本などは非常に高い値段で売れたりするので、こちらを利用。

ヤフオクの出品にはヤフープレミアムの会員になる必要がありますが、このプレミアム会員費を超えるくらいの収益があるようなものを売りましょう。

そして、ヤフープレミアム会員は1か月だけで解約する。つまり、会員になってすぐにヤフオクに出品して1か月以内で売り切って解約しないと、毎月会員費がとられるので要注意。解約時にネット上ではありますが、ありえないくらい引き止められます。完全に無視してささっと解約しちゃいましょう。もったいないので。

どういったものが高く売れるかというと、ヤフオクだと、たとえばZ会テキストと答案セット(これが本当に意外と売れるんです)、予備校のテキスト、東大京大あたりの大学に特化した問題集の古いやつ、書き込みしまくったやつなどですね。

ヤフオクのおもしろいところは、こんなの需要ある??と思っていた、捨てようと思っていたようなものに高値がつくこと。

特に資格試験、学習系のものは意外な高値が付きます。

私の経験でびっくりしたのは、中古屋で買い取れないといわれたイーオンの教材(会社にいたころに会社の補助でやってた)。2万くらいの値がついてびっくりしたよ。

勉強系ではないものなら、未使用またはほとんど使っていない化粧品(ただし落札集団が勉強系の集団とは全く異なるので取引には注意を要します)。

他にスノーボートのフルセットなどは3万以上で売れたはず。中古屋に売ると1000円とかで買われるようだったので、私は基本的にはブランドがあるようなものはリサイクルショップには売りません。学参然り。

3月になると、問題集買い取りますみたいな業者が大量にネット上に浮上します。私の当時の失敗としてはここに多くを売ってしまった。まあ買い叩かれたね!!(笑)

基本、リサイクルショップは市場価格(自分たちが売る価格)の1/10以下での買い取り額を表示してきます。

自分でちまちま売るほうがよっぽど楽しいし、オークションとかは入札がたまに大量にくる商品があるので楽しいですよ。

ヤフオクしない人はあまり知らないかもしれないけど、Z会などはほんとに高値で取引されてます。

鉄則として、愛着があってもいつか手放すなら、さっさと手放すべし。改定がでたら、価値がなくなるため、さっさとした方がいいんです。

あと、家庭教師や塾講で使おうとしてる方、だいたい塾には参考書揃ってます。自分のやつとか基本いりません。

私は、1対1とかをヤフオクで売りましたが別解とかも書いていたため、コメントで喜ばれました(笑)

大学のふるーい赤本は6000円で売れました。

学参って多分けっこう中古でも売れるジャンルなんだろーなと思います。

大変そうだからせどりとかはしないけど、自分の手持ちのものの売れ行きを見るとそう思います。

少し話がそれるけれど

ヤフオクは色んなジャンルを見るのだけど、幼児教育ものとかも、すごいよい価格で取引されています。

資格試験ものもかなりの価格で取引されるジャンルの一つ。

リサイクルショップはこのあたりの商品をとっても欲しがっていますが、自分で売った方がめんどくさいけど圧倒的に金銭的には入ってきます。

部屋のものも減るし、一石二鳥。

一度入札が100を超えるレベルのものを出品したときは本当に楽しかったです。延々上がるっていう・・。

時間のある方はトライしてみてください。捨てるのはもったいないよ!

追記2016.12

今さら感がありますが、自分でメルカリを利用してみて、圧倒的メルカリ派になってしまいました。

ヤフオク、マーケットプレイス、とけっこう利用してきたのですが、それと比較して、メルカリは出品者がとにかく出品しやすい。

スマホからの操作性が相当いいのです。

そして、多分、かなり売れやすい。ちなみに医学系の本はかなりメルカリで売れやすいと感じています。

あと、一番、出品者が楽なのは、「メルカリ便」の存在。

住所を書く手間、発送の時に財布を一切出さなくてもよいというのは相当楽なのです。

メルカリ便にしておけば、商品代金から勝手に、送料をひいてくれるし、そういったお金のやりとりもかなり早い時点でアプリに反映されている。

うーん、今のところは圧倒的にメルカリだなあ。

2017.2.2追記

メルカリは撤退しようと思っています。

使ってみて、購買者層が合わないなあと感じてしまったからです。

値下げはしませんと書いているのに、コメントに値下げしてくださいとくること、普通に購入したらいいのに、専用商品を作ってくれとお願いされること、この文化がどうしてもよく理解できません。

専用商品に至っては何のために作るのかが全く分からず、なんでこちらの手間を増やさねばならないのかが、理解できません。

商品説明の欄をしっかりと読まない人が多すぎることに、疲弊してしまいました。

私はもともと本しかあまり売買しないので、もともと使っていたアマゾンマケプレに帰ります。。。

レスポンシブ

関連コンテンツ

-便利知識

Copyright© こんぶんこ , 2018 AllRights Reserved.